Co-op International Trade Investment Promotion Center

外国人技能実習生の高い技術・技能指導を目指し、法律に基づいた受入れ事業を行っています。

協同組合 国際貿易投資促進センターは、2006年に群馬県内の製造業企業を中心に組織された群馬県知事認可の異業種組合です。
主な事業として、外国人技能実習生の受入・国際交流・教育情報・共同購買、等を行っております。特に、外国人技能実習生の受入事業においては、来日する技能実習生の日本語能力・基礎教育・文化教養レベルは高く評価されており、組合設立当初からのリピーター企業様が多いことが特徴であります。

受け入れの流れ・費用はこちら

サポート体制サポート体制
専用の寮を完備している他、英語・ベトナム語・中国語の通訳対応が可能な管理体制を敷いています。
技能実習制度について技能実習制度について
技能実習制度とは、母国の経済発展を担う外国人の人材育成を目的としています。

技能実習制度について

技能実習制度

技能実習制度について

技能実習制度は、2017年11月より施行される新法「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)」の下において一新されました。技能実習法(新法)では、管理監督及び罰則の強化の点において厳格化されると同時に、一定の基準を満たした優良機関に対しては大幅な制度適用の緩和拡大の措置が盛り込まれております(人数枠と実習期間の拡大、等)。何れにしましても「日本のOJTの中で習得した技術経験を母国で活かす」という夢をもって来日する若者たちを3年間〜5年間にわたって迎えるということは、極めて重い責任を伴うものであります。遵法運用は当然のことではありますが、来日者の気持ちに寄り添いながら受け入れをご検討させる方々を、私ども組合は全力でサポートいたします。

CITIPCの事業について

共同購買事業

共同購買事業

当組合の組合員様のために、海外への電話代が割安になる国際電話カードの販売をはじめ、製造資材及び消耗品等の共同購買事業を行っています。通常の価格より割安な価格で販売致します。一括購入によって価格が割り引かれるので、共同購買に参加する組合員が増えるほど割引額が多くなります。

国際交流事業

国際交流事業

当組合では組合員様の経営のヒントを提供すべく、成長著しい中国や東南アジア(ベトナム・カンボジア・タイ等)への産業視察を例年行っております。また、この機会を異業種経営者の交流の場として活用される企業様も多くいらっしゃいます。